HOME >  はじめての和装前撮り質問箱 >  着物にはどんな種類があるの?

着物にはどんな種類があるの?

和服の婚礼衣装にはどのような種類があるのでしょうか。ここでは、和装前撮りでも使われる主な3種類を紹介します。

和服の婚礼衣装の種類

和装 前撮り●白無垢(しろむく)

白無垢は、打掛、掛下、帯や草履など、すべてを白一色で統一した結婚式における女性の和装です。白を着ることで身の清らさを表し、「嫁ぎ先の色に染まることができる」という意味が込められています。また、邪気を払い神聖な儀式に臨むことも表現しています。

●色打掛(いろうちかけ)

赤やブルー、ピンク、ゴールドなど、白以外の色を用いた打掛のことです。地色は赤が主流で、七宝・亀甲・青海波・うろこ柄の4種が入った吉祥柄は縁起が良いとされており高級品です。

●引き振袖(ひきふりそで)

裾を引いた振袖のことです。特に地色が黒の「黒引き振袖」は、もともと武家の娘の婚礼衣装で、一昔前までは最も多く用いられていました。最近では、ゲストの衣装とかぶらないよう、白地や紫地、赤地の引き振袖を選ぶこともあります。ですがやはり、黒引き振袖がダントツで人気のようです。

伝統では、挙式は白、披露宴では色物を着るのがしきたりとなっていますが、どちらも最高位の装いとされているので、式服として色物を着用することもできます。現に最近では、色物で式を挙げる方もいらっしゃるようです。

和装選びのポイント

結婚写真の和装を選ぶときには、髪をアップして着物を羽織り、顔移りをチェックしましょう。

和装は色や織りによって、同じようなものでも、着てみるとまったく印象が変わって見えます。また、和装に似合うメイクや髪型は独特です。とくに婚礼用ともなると、なおさら普段とは違った雰囲気になります。知り合いなどで着物に慣れている方がいるという場合は、ぜひアドバイスを受けることをおすすめします。

いろいろな装いの写真をアルバムに残す

スタジオで結婚写真の前撮りをする場合、何枚ものカットをアルバムにしてもらうことができます。白無垢と色打掛の両方を撮影したり、追加のヘアチェンジや和装かつら、白塗りメイクなどのオプションを追加しても良いでしょう

アルバム作成は、ふたりの保存用としてはもちろん、結婚式の際、参列者に閲覧してもらうためとしても人気です。